TKeeper-Plusのアイコン画像 TKeeper-Plus




Q1.ブラウザーが起動しない。ブラウザーの新しいタブが作成できない。
Q2.起動時にユーザーアカウント制御の画面が毎回でて面倒くさい。


[Q1]


ブラウザーが起動しない。ブラウザーの新しいタブが作成できない。






[A1]


以下の方法でこの現象を回避できます。


クリップボードテキスト管理画面、クリップボード画像管理画面を表示していると、Internet Explorerは起動しません(新しいタブも作成できません)。その場合はクリップボードテキスト管理画面、クリップボード画像管理画面をいったん閉じてから、各操作(Internet Explorerの起動、新規タブの作成)を行ってください。この操作が面倒であれば、Google Chrome又はMozilla FireFoxをご利用ください。こちらのブラウザーではこの現象は確認されていません。



[Q2]


起動時にユーザーアカウント制御の画面が毎回でて面倒くさい。






[A2]


タスクスケジューラーに以下のように登録すると、スタートアップ時に自動的に起動され、面倒なユーザーアカウント制御画面も表示されなくなります。


以下はWindows7での説明となりますが、Windows Vistaをご利用の方も同じ方法で設定できます。

まず、タスクスケジューラを起動します。
コントロールパネル→システムとセキュリティ→管理ツール→タスクスケジューラ
若しくは
スタートアップ→すべてのプログラム→アクセサリ→システムツール→タスクスケジューラ



次にタスクスケジューラメイン画面の右側のタスクの作成をクリックします。



タスクの作成画面が表示されるので、全般タブの名前を入力します。ここでは『TKeeper-Plus』と入力しました。『最上位の特権で実行する』を選択します。



次に、トリガータブを選択し、新規作成をクリックします。



新しいトリガー画面が表示されます。『タスクの開始』を『ログオン時』と設定し、『OK』で画面を閉じます。



タスクの作成画面の操作タブを選択し、新規をクリックします。



新しい操作画面が表示されます。『操作』を『プログラムの開始』に設定し、『設定のプログラム/スクリプト』でTKeeper-Plus.exeを設定します。標準のインストールを行った場合は以下のように設定します。

"C:\Program Files\g-iworks\TKeeper-Plus\TKeeper-Plus.exe"

OKボタンで新しい操作画面を閉じます。


最後にタスクの作成画面をOKボタンをクリックして閉じます。

以上で設定は終了です。Windows起動時に、TKeeper-Plusがユーザアカウント制御の画面を表示せずに起動します。